IDCF Tech-Blog

IDCF テックブログ

クラウド・データセンター・ビッグデータを提供するIDCフロンティアの公式テックブログ

今すぐ始めよう!IDCFで常時SSL化

はじめまして、永岡と申します!
テックブログを通してみなさまにIDCFクラウドの良さをどんどんお伝えしていきたいと思います!

今回は、セキュリティ面やSEOの観点から様々な企業でも対応が進んでいる常時SSL化がなぜ求められてきているのか、またIDCFサービスを使用した対応方法をご紹介したいと思います!

  • 常時SSL化ってなに?
  • なぜ対応が求められているのか?
  • 常時SSL化時の課題点とIDCFでの対策
    • 「ILB」を使って証明書の導入、更新時の手間を効率化
    • 「コンテンツキャッシュ」を使って負荷を軽減
  • まとめ
続きを読む

サポートオペレーター・ティアラちゃん育成奮闘記

はじめまして。クラウドサービスの運用を担当している村上と申します。 普段は主にクラウドをご利用されているお客様のお問い合わせサポート、またFAQご利用ガイド等のサポートコンテンツの拡充を行っています。 最近ではそのサポートコンテンツ拡充の一環として、「サポートオペレーター」のティアラちゃんの育成活動も行っています。

今回はタイトルにもあるとおり、「サポートオペレーター」ティアラちゃんの育成活動において実際にどのようなことを行っているのか、またその活動において苦労している点についてお話ししたいと思います。 前回のMORIO Dojoのアンバサダー会に参加されていた方にとっては聞いていただいた話とかぶってしまいますが、おさらいも兼ねて最後までお読みいただければ幸いです。

  • ティアラちゃんのプロフィール紹介
  • ティアラちゃんにはどこから会えるの?
  • ティアラちゃんの成長メカニズム
  • ティアラちゃんの育成活動について
  • まとめ
続きを読む

IDCFクラウドのアカウントを乗っ取られるのを防ぐ3つの方法

こんにちは、UX開発部の橋口です。

つい先日、『パスワードの専門家が「大文字も数字も記号も意味がなかった』と過去の持論が間違いだったことを認める」( 外部サイト)という記事がにぎわせましたが、簡単なパスワードを使っていたり、過去のログインIDやパスワードを使いまわしたりしていませんか?そんなあなたに、パスワードを強固にするだけではなく、もっとセキュリテイを高められる方法をご案内します。

IDCFクラウドには3つのセキュリティオプションがあります。

  • 2段階認証
  • ログインIP制限
  • APIリクエスト元IPアドレス制限
続きを読む

生みの親に聞いた!リニューアルしたクラウド料金シミュレーションの活用法

みなさん、はじめまして。クラウド料金シミュレーションのリニューアルを担当しました小林です。
今回はこのリニューアルしたクラウド料金シミュレーションの便利な活用法をご紹介するとともに、リニューアルにあたってのこだわりも語ります!
ブログの最後に、期間限定のお得なキャンペーン情報がありますのでお楽しみに!

続きを読む

IDCFクラウド豆知識講座 vol.2 ~仮想ルーターとは〜

はじめまして、山賀です。今回はIDCFクラウドの陰の立役者「仮想ルーター」についてお話しさせて頂きます。IDCFクラウドを使いこなす(使い倒す!)にあたっては、「仮想ルーター」の理解が欠かせません。その名の通り、仮想ルーターとは仮想マシンで作られたルーターであり、ネットワーク機能に加え、管理機能も兼ね備えています。あまり意識されない方も多いかもしれませんが、仮想マシンのパスワードをリセットしたり、DNSリゾルバサーバーとして動作するのも仮想ルーターです。

では、先だって簡単にこの記事のサマリをお伝えします。

  • 仮想ルーターの機能
  • 仮想ルーターの仕組み
    • 仮想ルーターそのものについて
    • 各種機能の実装について
    • 仮想ルーターの切り替わり
  • 仮想ルーターの性能、制限
  • お勧め構成例
    • コネクション数過多パターン
    • 仮想ルーター高負荷パターン
  • まとめ
続きを読む

Fluentd + Elasticsearch + Kibanaでログを可視化

こんにちは、インフラ開発部の鳥垣です。

今回のブログではアクセスログの解析作業の効率化を図るため、ログの可視化のお話をさせていただければと思います。 導入の背景は、仕組みとしてサーバーからsyslogサーバーへのログの集積はすでに実装されていました。 しかし、syslogへの送信元のサーバー数の肥大化に伴い多量のログが保存されるようになり、ログ調査に時間がかかるようになってきました。 もっとサックリとログの調査を行う基盤が欲しいということで、今回Fluentd + Elasticsearch + Kibanaを導入しました。 FluentdでsyslogサーバーからElasticsearchにログを送り、Elasticserchでログ検索、Kibanaでグラフ化しました。 Fluentd + Elasticsearch + Kibanaを導入する際の設定や、構成などを紹介します。

f:id:syamada21:20170914103914p:plain

続きを読む

CentOS7上にrbenvやSCLを使って指定のRubyバージョン環境を構築

こんにちは、藤城(@tafujish)です。前回のidcfcloud-cliリリースに続きまして、今回はidcfcloud-cliを動かすためのRuby環境の構築について紹介します。

idcfcloud-cliはRuby 2.2.7以降が必要となります。Ubuntu16.04ではRuby 2.3.1なので問題ないですが、CentOS7ではRuby 2.0.0なのでバージョンが古く未対応です。そこで今回は、CentOS7環境でRuby 2.3.1の環境を構築する手順を扱います。Rubyのソースを持ってきてビルドすれば終わりですが、管理の問題やそもそもビルド自体が大変ですよね。Rubyのバージョン管理は最近ではrbenvを利用するのが一般的です。Rubyでの開発目的であればrbenvで環境構築するのが一般的ですが、idcfcloud-cliを動かすだけならSoftware Collections(以下SCL)でインストールするのが楽でしょう。ここでは、rbenvとSCL両方の手順を紹介して、idcfcloud-cliをcronで回すような使い方ができるところまでやります。

続きを読む
Copyright © IDC Frontier Inc.