IDCF Tech-Blog

IDCF テックブログ

クラウド・データセンター・ビッグデータを提供するIDCフロンティアの公式テックブログ

生みの親に聞いた!リニューアルしたクラウド料金シミュレーションの活用法

みなさん、はじめまして。クラウド料金シミュレーションのリニューアルを担当しました小林です。
今回はこのリニューアルしたクラウド料金シミュレーションの便利な活用法をご紹介するとともに、リニューアルにあたってのこだわりも語ります!
ブログの最後に、期間限定のお得なキャンペーン情報がありますのでお楽しみに!

クラウドにおける料金シミュレーションの重要性

クラウドサーバーは、ついつい使いすぎて月末の請求を見てビックリってことありますよね。機能も複雑で、何にどれくらいのコストがかかるかわからないことも多いので、不安に思うこともあります。
そこで活躍するのが料金シミュレーションです。いくつかの条件をもとに試算することで、事前に料金を把握することが可能です。そうすれば、月末の請求を見ても驚くことや、不安になることもなくなるかと思います。料金を把握できるようになれば、請求書の内訳を見てどこにコストがかかったのかを分析し、コスト削減につなげられるようになるのではないでしょうか。

従来のシミュレーションの問題点

従来のシミュレーションでは次の課題がありました。

  • IDCFクラウドの一部のサービスしか見積ることができなかったこと
  • コンピューティングを必ず含まなければ見積りができなかったこと

こうした課題を踏まえ、従来のシミュレーションでは試算ができなかったプライベートコネクト等のサービスも試算が可能となりました。また、マルチクラウド構成のお客さまや、既存のお客さまが何を求めるのかを考えたときに、オブジェクトストレージや、ネットワークサービスのみのご利用もあるのではないかと思い、コンピューティングを選択しなくても、ほかのサービスのみで見積りできるように改善しました。

UIのこだわり

IDCフロンティアのサイトはレスポンシブデザイン*1を採用しています。
したがって、新しい料金シミュレーションもレスポンシブデザインに対応する必要がありました。(興味のある方は一度ウインドウサイズを動かしていただきレイアウトの変化を試してみてください。)
すべてのデバイスで同じようにご利用いただけるように、レイアウトにはとてもこだわりました。

また、「スペックから選ぶ」画面ではサービス選択メニューを開閉式にすることで、必要な機能のみを表示、余分な設定項目を削除し、見積りしやすくしています。これにより、「従来のシミュレーションの問題点」でも書いたコンピューティング以外のオブジェクトストレージやネットワークサービスのみをご利用のお客さまも使いやすいレイアウトになっているかと思います。
機能の設定項目は、追加も削除もラクラクなので、みなさんどんどんカスタマイズしてみてください。

f:id:ma-itoh:20170915154738p:plain

新料金シミュレーションの特長と活用法

では、いよいよリニューアル後の料金シミュレーションについて見ていきましょう!今回リニューアルした料金シミュレーションの特長は次の3点です。

  • 初心者でも簡単に見積りできるように、さまざまなご利用シーンのプランをご用意!
  • コンピューティング以外のさまざまなサービスを見積り可能!
  • 見積り完了後に発行されるメールに、見積り復元URLを追加!

また、今回の料金シミュレーションでは、ご利用シーンにあわせて「プランから選ぶ」と「スペックから選ぶ」の2種類から試算することが可能となりました。

f:id:ma-itoh:20170919151903p:plain

サーバーのことをよく知らないお客さまでも概算を見積ることができるように、当社エバンジェリスト監修のもと、ECサイト、業務システムなどの実例から代表的な構成をご用意しました。さらにアクセス数の規模からも概算を見積ることができるようになっておりますので、作成したいシステム例をもとに試算したい方は、ぜひ「プランから選ぶ」をご活用ください。

f:id:ma-itoh:20170915154417p:plain

また、従来どおりスペックを細かく見積ることができる機能もパワーアップしています。各サービス単体やサービスを組み合わせての自在な見積りが可能となり、サーバー台数の多い構成のお客さまでも、それぞれのサーバーに名前をつけられることが可能になりましたので、わかりやすい見積り書の作成が可能です。

技術的な質問なども、クラウド料金シミュレーションからお問い合わせいただくことによって、当社技術スタッフから無料のコンサルティングも受けることができますので、お気軽にお問い合わせください。

見積り書を発行した後や、お問い合わせ後に発行されるメールには、見積り復元URLが記載されています。以前見積った内容を流用したい場合や、専門家にアドバイスを求めるときなどご利用いただければと考えております。

期間限定!料金シミュレーション リニューアルキャンペーン開催中

今なら、料金シミュレーションでお見積りまたはお問い合わせいただいた方全員に、1,000円分無料クーポンをプレゼントするキャンペーンを開催中です。詳しくはこちら!↓ www.idcf.jp
※キャンペーン期間 2017年9月6日(水)~10月5日(木)

IDCFクラウドを始めようと考えている方、クラウド料金の見直し・他社比較まで、まずは料金シミュレーションを試してみてください。
テックブログのサイドバーにもバナーが掲載されているのでチェックしてくださいね。

*1:閲覧者の画面サイズまたはWebブラウザに応じたレイアウトやデザインで閲覧できることを目指したWebデザインの手法。

Copyright © IDC Frontier Inc.