IDCF テックブログ

IDCF テックブログ

クラウド・データセンター・ビッグデータを提供するIDCフロンティアの公式テックブログ

サクサクサイトの秘訣はこの二人が知っている!GYAO!も登壇、高負荷解消セミナー

12月24日(水)、東京(六本木)と大阪(梅田・東京会場の同時中継)で開催される「9円/GBからの高速配信!高負荷解消セミナー─日本最大級の動画ステーションGYAO!における配信のポイントとは?─」新規ウィンドウを開きます  本セミナーでご紹介するIDCフロンティアのコンテンツキャッシュ サービスマネージャー 藤咲と技術担当 佐藤にインタビュー。当日はこの二人が講師を務めます!

■今回のセミナーの内容は?

藤咲:株式会社GYAO 開発本部の今野氏をお迎えして、アクセス集中に備えてどのような取り組みをしているのか事例を交えながらのご説明や、コンテンツキャッシュサービスの利用方法に関するデモを通してサーバーの負荷軽減やトラフィックの急増といったコンテンツ配信に伴うお悩み解決のヒントをお伝えできればと思っています。

佐藤:GYAO 今野さんにうかがった、動画においても重厚かつ壮大なCDNでなく、手軽にキャッシュが利用できるようになってきた技術トレンドは非常に興味深かったですね。当日は、日本最大級の動画ステーションが、どのような配信基盤でアクセスのピークを捌いているのか、採用している技術やトレンド、今後の方向性等、裏側をとことんお話いただく予定です。

 

R&D室 藤咲 コンテンツキャッシュ サービスマネージャー。サービス企画、仕様策定などにくわえ、プロジェクト管理・推進を行う。
R&D室 藤咲
コンテンツキャッシュ サービスマネージャー。サービス企画、
仕様策定などにくわえ、プロジェクト管理・推進を行う。

■Yahoo! JAPANを支えるコンテンツ配信技術とネットワーク設備を基にIDCフロンティアでサービス化したのが「コンテンツキャッシュサービス」ですよね。ヤフーとの技術コラボは最初から決まっていたのですか?

藤咲:そうですね。ヤフーとのシナジーを活かした様々な取り組みの一環として、IDCフロンティアが、ヤフーの自社サービスのトラフィックを捌くために独自に開発・運用する優れた技術を活用して、お客様にご利用いただくことはできないかということでできたものです。

とはいえ、どんなプロジェクトでも同じだと思いますが、リリースまでには色々な課題がありました。ヤフーの関係者の方々のご協力によるところが大きかったですね。

(*「2014年度第2四半期決算説明会資料」によると2014年7月~ 2014年9月の月平均で624億PV)

 

R&D室  佐藤 コンテンツキャッシュ 技術メイン担当。サービス開発、保守運用。SEとして顧客への提案などを行う。
R&D室  佐藤
コンテンツキャッシュ 技術メイン担当。サービス開発、保守運用。SEとして顧客への提案などを行う。

■佐藤さんは今回ヤフーに常駐して開発を行っていましたが、いかがでしたか?開発段階の苦労などはありましたか?

佐藤:やはりヤフーは巨大な技術者集団ですので、プログラミングの環境とか情報共有のツールとか開発するにはいい環境ですよね。正直うらやましい部分もあります(笑)。 技術交流や人的交流ができてエンジニアとしてはとてもよい刺激になりました。

メインとなるキャッシュサーバーの技術はヤフーで開発、運用されているものを参考に設計、構築しましたが、そのキャッシュサーバーとIDCFネットワークとの接続方法、キャッシュサーバーとコントロールパネルの連携部分、特にコンパネの設計は全くのゼロからだったので苦労しました。

 

■アクセス集中時のサーバー負荷軽減やリッチコンテンツのレスポンス高速化に効果的なサービスだと思いますが、具体的におすすめの用途は?

藤咲:キャンペーンやゲーム・アプリのスタート時、メンテ明けのファイルダウンロードなど、アクセスがどのくらい集中するか予測が難しい際などに、簡単に準備できる高負荷対策としてご活用いただければと思います。完全従量制なので、もし思ったほどトラフィックが伸びなかった時は余計な費用もかからないですし。

また恒常的にトラフィックの多い、ECの商品画像やオンライン広告配信などにもお使いいただけます。増え続ける画像などの静的コンテンツはオブジェクトストレージに置いてコンテンツキャッシュから配信し、動的コンテンツはIDCFクラウドでスケールさせればさらに効率的です。

 

■そうなると、やはりIDCFクラウドのコンソールからコンテンツキャッシュも申し込みや設定ができるといいですね。

佐藤:まさに今やっているところです!IDCFクラウドとコンテンツキャッシュのコンパネの連携やAPI対応など、今期中にさらに機能強化したいと思っています。

 

■今回価格もかなり頑張りましたよね?(ヤフー系、アマゾンの半額以下でゲーム配信支援(日経電子版)新規ウィンドウを開きます

藤咲:はい(笑)。単価という意味でもそうですが、同様のサービスでは、リクエスト課金やオリジン転送料が別だったりして結局いくらなの?というのがわかり辛い。当社の場合は単純に外に出ていくトラフィックに対して1GBあたり9.0円という課金だけなので、非常にわかりやすいと思います。期間や従量の縛りもないので、本当に使いたい時に使った分だけ支払えるサービスです。

佐藤:性能面でもとにかく早く配信されるようなチューニング、ハードウエア構成を追求しています。

シンプルでパワフル最近のうちのサービスに共通するコンセプトですよね。


 

終了後は、ご希望に応じて、初期設定のレクチャーや、個別相談も対応いたします。この二人に色々聞いてみたいという方は是非ご参加ください!

「9円/GBからの高速配信!高負荷解消セミナー─日本最大級の動画ステーションGYAO!における配信のポイントとは?─」新規ウィンドウを開きます

Copyright © IDC Frontier Inc.