IDCF テックブログ

IDCF テックブログ

クラウド・データセンターを提供するIDCフロンティアの公式テックブログ

IDCFクラウド コンテナ でのロードバランサーの選び方 (1)

こんにちは、藤城(@tafujish)です。今回も「IDCFクラウド コンテナ」サービスについてです。
www.idcf.jp
IDCFクラウドでは、無料のロードバランサー (仮想ルーター)と高性能・高機能のインフィニットLBがあります。これらは、IDCFクラウド コンテナと連携しています。一方で、KubernetesとしてはService Type LoadBalancerやIngressといった実装があります。これらがどのように連携して、どのような用途でどのロードバランサーを選択するのがよいか紹介します。


Kubernetesにおけるロードバランサー

Kubernetesにおいて、ロードバランサーはService Type LoadBalancerとして抽象化されています。Service Type LoadBalancerとしては、ポート番号を指定してバランシングしますので、レイヤー4(以下L4)のロードバランサー として利用できます。

一方で、SSLターミネーション(終端)やパスパターン(名前)によるバランシングといったレイヤー7(以下L7)のロードバランサーは、Ingressとして抽象化されています。ちなみに、ロードバランサー含めたIngress対応の実装がIngressコントローラーです。OSSとしては、NGINX Ingress Controllerがあります。

以上から、L4のロードバランサー として利用するならService Type LoadBalancer、L7のロードバランサーとして利用するならIngressとなります。IDCFクラウド コンテナでは、両方利用することが可能です。

IDCFクラウドで利用するロードバランサーの選び方

ここでは、IDCFクラウド コンテナ for IDCFクラウド(IDCFクラウド コンピュートサービスにKubernetesクラスターを作成する)における、ロードバランサーの選択肢とどのように選択するかを紹介します。まとめると次の表のようになります。

対応 Kubernetes側 IDCFクラウド側 特徴
L4 Service Type LoadBalancer 仮想ルーター 無料のロードバランサーをコンテナサービスでも同様に利用可能で、3240GBの転送量無料分も付きます。UIから直接設定可能で簡単に使い始められます。
L4 Service Type LoadBalancer インフィニットLB 仮想ルーターを超える処理性能が必要な場合は、インフィニットLBに置き換えることも可能です。
L7 Ingress インフィニットLB SSLターミネーションやパスパターンによるバランシングなどの高機能と、オートスケールする処理性能を持ちます。UIから直接設定可能で簡単に使い始められます。
L7 Ingress NGINX Ingress どこのインフラ上でも動作可能なロードバランサーとして提供しています。ご利用のKubernetesクラスター上で動作するためロードバランサーを使うための追加費用は不要です。IDCFクラウド上の利用においても、複数の証明書によるSSLターミネーションなどといったインフィニットLBのコストインパクトが大きくなる場合は選択の候補となります。

4つ選択肢はありますが、よく使うものは2つです。
1つは、簡単にはじめられて低コストで利用できるService Type LoadBalancerの仮想ルーター。

f:id:tafujish:20210922174338p:plain
Service Type LoadBalancer

もう1つは、高性能や高機能を必要とする場合にIngressのインフィニットLB。

f:id:tafujish:20210922174849p:plain
Ingress

Service Type LoadBalancerとしては、高性能を目的にインフィニットLBも選べますが、Ingressから利用する方がUIの操作性や今後の拡張を考えると良いです。Kubernetesクラスターの内部で更にバランシングするといった構成の場合は、シンプルな構成を組めるのでService Type LoadBalancerでインフィニットLBを使うケースもあります。

Ingressとしては、NGINX Ingressも選べますが、IDCFクラウドで利用する場合はインフィニットLBがより便利です。コスト的な問題があり、スケール性が必要ない場合は利用するケースもあります。

まとめ

以上のように、IDCFクラウド コンテナ for IDCFクラウド におけるロードバランサーは、バランシングの要件(レイヤー)と、性能/費用の観点にて4つのパターンから選べます。次回は、実際の設定方法や仮想マシン含めたネットワーク構成がどうなるか詳細を紹介します。

Copyright © IDC Frontier Inc.